糖尿病の食べ物について紹介しています
糖尿病の食べ物トップ > 糖尿病と食事療法
糖尿病について

糖尿病と食事療法

糖尿病は、40代の10人に1人が発症する病気だといわれています。眼・腎臓・神経など、様々な「合併症」を引き起こす糖尿病は、血液中の糖分(血糖)が異常に高い状態(高血糖)を招きます。この高血糖状態は、インスリン(膵臓から出されるホルモン)の働きが低下して起こります。ですから、インスリンを効率的に働かせるために、受容体の働きをよくする必要があり、そのためには「食事療法」が必要になってくるのです。

食事療法は、過食やまとめ食いを控えるなどして、受容体の働きをよくすることにより、インスリンが効率的に使われるようにすることを目的としています。インスリンの働きに適した量の食事を摂ることで、糖分を十分に利用することができるため、高血糖の防止になると考えられています。ちなみに、糖尿病で薬を服用している場合にも、この食事療法によるカロリーのコントロールは欠かせません。

食事療法のポイントは「食べ方」と「1日3食」です。まず「食べ方」についてですが、意識してゆっくりと食べるようにするのが大切になってきます。満腹感は血液中の糖が増えた事を脳が感知して生じます。ですから、早食いをして満腹感が脳に達する前に食べ続けてしまうと、ついつい食事の量が増えてしまう傾向にあるのです。

「1日3食」も血糖値に関係してくるポイントです。朝食を抜いたり昼食を抜いたりすると、ついついまとめ食いをしてしまい、一度にたくさんのインスリンが必要になるため、膵臓に負担がかかってしまうのです。また、食事の時間を空けすぎると、空腹状態を招いてしまいます。空腹状態になると人間の体は皮下脂肪が溜まりやすくなってしまいます。肥満は糖尿病にとって悪影響ですから、できる限り避けなくてはなりません。

©Copyright 2016 糖尿病の食べ物 All right reserved.