糖尿病の食べ物について紹介しています
糖尿病の食べ物トップ > 糖尿病とカロリー計算
食事に関して

糖尿病とカロリー計算

本格的に食事療法に取り組むのであればカロリー計算が欠かせません。糖尿病治療においては、塩分や脂質の摂取量を大幅に控えなくてはならないためです。随時、カロリーを記したガイドブックなどを手元に置き、メニューのカロリーを計算する癖をつけるようにしてください。

一日に必要なエネルギーは「標準体重(身長m×身長m×22)×25〜30kcal」で求められます。ただし、個人差がありますから、基準値よりもやや少ないカロリー量を摂るようにすると良いでしょう。こうしたカロリー計算が面倒な方は、「糖尿病食の宅配サービス」を利用してみるのも良いかもしれません。低カロリーで種類の豊富なメニューを楽しめます。

ただし、可能であればできる限りたくさんのメニューのカロリーを暗記しておくことをおすすめします。自分でカロリー計算をする癖を身につけたほうが、外食や家庭での食事など、対応できる場面が増えるためです。週に何度かは家族で同じ糖尿病食を食べるなどして、問題意識を共有することもおすすめします。

糖尿病に良いとされる食べ物もいくつか存在します。例えば、カボチャやドクダミは、体の新陳代謝、インスリンの分泌を高めるため、糖尿病治療に効果的だといわれています。しかしだからといって、同じ食品ばかりを食べるのは厳禁です。たとえそれが低カロリーの食品であっても、栄養バランスに配慮することが大切です。1日に必要なカロリーはあくまでも食事で補い、そうした健康食品はサプリメントのような補助食品として利用しましょう。

©Copyright 2016 糖尿病の食べ物 All right reserved.